子供の進学が一番お金がかかります

限られた収入でやりくりしていると、思いがけない出費が発生する時があります。
事前にわかっているものであれば対策も打てますが、どうしようもない場合があります。

急な宴会や、会費の要る集まりなどは、断りさえすれば出費は発生しません。
しかし断れないものもあります。

特に急にくるものが葬式です。
自分の判断で出席しなければいいですが、そうはいかない場合もあります。
わずかな金額でもやりくり中では思わぬ出費となります。

また病気になった時もそうです。
お金がないから、病院へ行かないというわけにはいけません

このような、比較的小さい金額のお金不足は、クレジットカードや、毎月返済方のカードローンで対応しています。

現金が必要な場合はカードローンを使います。
毎月返済真の出金利も安く負担は少ないです。

クレジットカードで支払い可能な場合は、カードで支払います。
病院で何度かお世話になりました。

次に大きな金額です。
その代表格は子供の進学です。
特に大学や専門学校などです。
入試にも相当なお金がかかります。
合格すれば100万~300万ほどは必要となります。
この場合は悩まず、口座のある銀行に相談に行きます。
その銀行でもし、カードローンやその他のローンを組んでいて滞納とかがある場合は、審査に通りませんので注意が必要です。
何もなければ、教育ローンの審査は通ります。

そのローンの中でも、子供の在学期間の生活と年間の学費を考え、少し余裕を持って資金を借りるのが得策です。
余裕を持って借りるといっても、学校の費用とか、新生活に必要な領収書や、見積もりのようなものが必要なので、その金額分しか借りれません。
金利も安く、在学中は金利のみの返済も可能なので、銀行の担当者に細かく聞くといいです。
ここで重要なのは、子供が大学へ行っても、自分達の生活があるということです。
切り詰めて無理をしたギリギリの線で借り入れすると、入学してみると生活費が足りないなどの事項が起こり得ます。

私は、実際子供3人大学と短大を出しましたが、ギリギリの線でやってしまった為、生活費が足りなくなり、別の銀行から教育ローンとして借り入れ生活費に回しました。
複数口座をもっていれば、このような裏技も使えます。
ただ、自分達の負担が増えるので、あまりお勧めできません。
卒業後もローンの返済に追われます。

このように、一番お金がかかるのが子供の進学です。
在学中は親は貧困生活になります。
趣味も付き合いも制限されます。
子供のために少しでも貯蓄をしていたら楽だった、と思うこのごろです。

余談ですが、娘が結婚して3年ほど経つんですが、なかなか子供に恵まれず不妊治療をしているみたいですが、かなりの出費があるみたいで悩んでいるみたいです。
カードローンを利用しているみたいで、気になったので調べてみました。
コチラ→不妊治療費用を借りようと考えている人へ